ピルビン酸デヒドロゲナーゼ

栄養・生化学辞典の解説

ピルビン酸デヒドロゲナーゼ

 [EC1.2.4.1].ピルビン酸脱水素酵素ともいう.ピルビン酸を酸化的に脱炭酸してアセチルCoAを生成する反応を触媒する酵素で,チアミンピロリン酸補酵素とし,リポアミド水素受容体とする.ジヒドロリポアミドアセチルトランスフェラーゼ,ジヒドロアセチルトランスフェラーゼとともに分子量約200万の複合体を形成している.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android