ピルビン酸デヒドロゲナーゼ

栄養・生化学辞典の解説

ピルビン酸デヒドロゲナーゼ

 [EC1.2.4.1].ピルビン酸脱水素酵素ともいう.ピルビン酸を酸化的に脱炭酸してアセチルCoAを生成する反応を触媒する酵素で,チアミンピロリン酸を補酵素とし,リポアミドを水素の受容体とする.ジヒドロリポアミドアセチルトランスフェラーゼ,ジヒドロアセチルトランスフェラーゼとともに分子量約200万の複合体を形成している.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android