コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピレス Pires, Tomé

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピレス
Pires, Tomé

[生]1468頃
[没]1540頃
ポルトガルの旅行家。 1511年にインドに渡り,12~15年までマラッカに滞在。ゴア副王の命により通商使節として中国に派遣されたが,抑留されて死去。その著『東方諸国記』 Suma Orientalは当時の東西交通の最高史料。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピレス【Tomé Pires】

1466ころ‐1524ころ
ポルトガルから最初に中国に派遣された使節。国王付き薬剤師の息子としてリスボンに生まれ,彼自身もアフォンソ王子(1475‐91)付きの薬剤師であった。1511年インドに赴き,カナノールの商館で勤務したのち,12年にマラッ商館の書記兼会計係および香料の管理人となった。マラッカ滞在中に見聞に基づいて《東方諸国記》(邦訳あり)を執筆したが,これは16世紀初頭の東南アジアについての最も詳細な記述で,その資料的価値は高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピレスの関連キーワードピレスロイド系殺虫剤ピレスロイド殺虫剤シクロプロパン有機塩素殺虫剤ポルトガル文学タパジョス川住居用駆虫剤Renta!ピレトロイドカーボベルデピレスロイド蚊取り線香4月29日アーセナルピレトリン松井正直パピレスTAXi蚊取線香モルコ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピレスの関連情報