コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピンデモンテ ピンデモンテ Pindemonte, Ippolito

2件 の用語解説(ピンデモンテの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピンデモンテ
ピンデモンテ
Pindemonte, Ippolito

[生]1753.11.13. ベロナ
[没]1828.11.18. ベロナ
イタリアの詩人,悲劇作家。ギリシア・ラテンの古典に強くひかれ,ホメロスホラチウス,またフランスラシーヌなどを翻訳,特に『オデュッセイア』の翻訳は有名。主著『田園詩集』 Poesie campestri (1788) のほかに,悲劇『アルミーニオ』 Arminio (1804) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ピンデモンテ【Ippolito Pindemonte】

1753‐1823
イタリアの詩人。ベローナの高貴な家庭に生まれ,1778‐96年ヨーロッパ各地を旅行。ロマン主義先駆けとなる田園詩,抒情詩で注目された。フランス革命の最中のパリで書いた《フランス》(1789)では,この革命に強く共鳴する心情を吐露したが,ジャコバン派恐怖政治に幻滅し,帰国後はギリシア古典の翻訳に専念した。なかでも《オデュッセイア》の散文訳は,名訳とされている。なお,兄ジョバンニGiovanni P.(1751‐1812)も詩人,劇作家として知られ,フランス革命に身を投じるほどの熱血漢でもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ピンデモンテの関連キーワードカンパーナジュスティプラーガイタリアン貴種アレーナ・ディ・ヴェローナイタリアーナイル ベローネグアリーノ・ダ・ベローナベローナの謎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone