コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピンドス山脈 ピンドスさんみゃく Orosirá Píndhou

2件 の用語解説(ピンドス山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピンドス山脈
ピンドスさんみゃく
Orosirá Píndhou

ギリシア,バルカン半島部の脊梁山脈アルバニアとの国境付近から南南東へ 150km以上にわたって延びるが,しばしば北はアルバニア領内の山地,南はティムフリストス山地,さらにコリンシアコス湾に迫るギオナ山地までも含める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピンドス山脈
ぴんどすさんみゃく
Pndos ros

ギリシア中西部を南北に縦走する険しい山脈。バルカン半島西岸を走るディナル・アルプスの南の延長で、片岩、蛇紋岩、花崗(かこう)岩など、噴出岩、変成岩からなる。北はアルバニア南東部から始まり、イオニア海側のエピルス地方とエーゲ海側のテッサリア地方とを分ける本土の脊梁(せきりょう)山脈となり、その余脈はペロポネソス半島やエーゲ海の島々に及んでいる。最高峰はスモリカスSmolikas山(2637メートル)。[真下とも子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピンドス山脈の関連キーワードバルカン山脈バルカン半島マケドニア王国脊梁山脈巴爾幹バルカン・ハウンドバルカン[山脈]ボルネオ[島]マリツァ[川]《バルカン半島》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone