コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピンドス山脈 ピンドスさんみゃくOrosirá Píndhou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピンドス山脈
ピンドスさんみゃく
Orosirá Píndhou

ギリシア,バルカン半島部の脊梁山脈アルバニアとの国境付近から南南東へ 150km以上にわたって延びるが,しばしば北はアルバニア領内の山地,南はティムフリストス山地,さらにコリンシアコス湾に迫るギオナ山地までも含める。最高峰は北部のスモリカス山 (2637m) 。地質的にはバルカン半島のディナルアルプスの延長で,中核は結晶片岩,蛇紋岩,花崗岩などから成るが,横谷によりいくつもの小山脈に分断されている。東のセサリア (古代名テッサリア) ,西のイピロス (同エピルス) 両地方の分水界をなし,アリアクモン,ピニオス,アラフソス,アヘロオスなどのギリシアの主要河川の水源となっている。斜面はカシ,モミ,ブナ,マツなどの森林におおわれ,雪どけ後,森林限界より上の斜面はヒツジの放牧場となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピンドス山脈
ぴんどすさんみゃく
Pndos ros

ギリシア中西部を南北に縦走する険しい山脈。バルカン半島西岸を走るディナル・アルプスの南の延長で、片岩、蛇紋岩、花崗(かこう)岩など、噴出岩、変成岩からなる。北はアルバニア南東部から始まり、イオニア海側のエピルス地方とエーゲ海側のテッサリア地方とを分ける本土の脊梁(せきりょう)山脈となり、その余脈はペロポネソス半島やエーゲ海の島々に及んでいる。最高峰はスモリカスSmolikas山(2637メートル)。[真下とも子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ピンドス山脈の関連キーワードパルナッソス山キクラデス諸島アリアクモン川パルナソス山アヘロオス川ピニオス川パルナソスメテオライティ山

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android