ピーター ドライスデール(英語表記)Peter Drysdale

20世紀西洋人名事典の解説

ピーター ドライスデール
Peter Drysdale


1938 -
オーストラリアの経済学者。
オーストラリア国立大学勤務,元・一橋大学研究員,豪日研究センター所長。
国際貿易や国際経済政策、日本経済と経済政策を専門とするオーストラリアの経済学者。1965年、’73年に来日し、一橋大の研究員として活躍。オーストラリア国立大にも在籍する。「オーストラリアの鉱物資源」(’77年)等の著書がある。89年「国際経済の多元主義―東アジアと太平洋の経済政策」で第一回アジア・太平洋賞を受賞。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2012の解説

ピーター ドライスデール
Peter Drysdale


国籍
オーストラリア

専門
経済学者

肩書
オーストラリア国立大学名誉教授・東アジア経済研究所所長

生年月日
1938

出身地
ニューサウスウェールズ州

学歴
ニューイングランド大学経済学部卒

学位
経済学博士(オーストラリア国立大学)

経歴
1965年と’73年一橋大学に研究員として在籍。’81年よりオーストラリア国立大学教授。のち、同大名誉教授・東アジア経済研究所長。アジア各国の有識者が寄稿するブログ、East Asia(www.eastasiaforum.org)を主宰。APEC提唱者の一人で、学術的な見地からAPECの発足と発展に大きな貢献をした。’89年11月太平洋圏経済の現状と未来像を多角的に分析した著書「国際経済の多元主義―東アジアと太平洋の経済政策」で第1回アジア・太平洋賞を受賞した。ほかに「日豪の社会と相互作用」「アジア太平洋の多元経済外交」、共著に「オーストラリアの鉱物資源」(’77年)がある。

受賞
勲三等旭日中綬章(日本)〔2001年〕 アジア太平洋賞(第1回)〔1989年〕「国際経済の多元主義」

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android