ファイトケミカル(英語表記)phyto chemical

知恵蔵miniの解説

ファイトケミカル

植物がもっている身体に良いとされる化学成分のこと。フィトケミカルともいう。野菜・果物・豆類・芋類・お茶・ハーブなどに含まれ、現在発見されているファイトケミカルは約1500種類とされる(推測される種類は1万以上とも)。大きくポリフェノール系、カロテノイド系、イオウ化合物系、テンペル類、グルカン類などに分けられ、代表的なものにアントシアニン(豊富に含むものの例・ブルーベリー)、システィンスルホキシド(ニンニク)、カテキン(緑茶)、サポニン(大豆)、β-カロテン(ニンジン)、リコピン(トマト)、チモール(オレガノ)などがある。抗酸化力・免疫力の向上や抗がん作用などが確認されてきており、サプリメント他で盛んに用いられている。

(2016-2-22)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android