コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファトスヘデラ ファトスヘデラ×Fatshedera lizei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファトスヘデラ
×Fatshedera lizei

ウコギ科ヤツデFatsiaとヘデラ属 Hederaの属間雑種。 1911年にフランスの園芸家が,ヤツデの園芸品種 Fatsia japonica `Moseri'とセイヨウキヅタの園芸品種 Hedera helix `Hibernica'を交配して作出した。半つる性の常緑木本。葉は濃緑色で,掌状に3,5,7裂する。全縁で革質,光沢があり,互生する。黄緑色の5弁花が円錐形の散形花序を形成するが,結実しない。基本種のほかに,クリーム色の覆輪斑 (ふくりんふ) が入る園芸品種のバリエガタ`Variegata'がある。耐陰性が強い。夏の直射日光は避ける。関東地方以西では露地で越冬する。増殖は挿木で行う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファトスヘデラ
ふぁとすへでら
[学]Fatshedera lizei Guill.

ウコギ科の半耐寒性半つる性低木。ヤツデの園芸品種とアイビーの一種を交配して育成された観葉植物。茎は半つる性で高さ2メートルに達する。葉は12~16センチメートルの掌状葉で、4~5中裂する。質は厚く濃緑色。繁殖は挿木により、関東地方以西の暖地では露地で越冬できる。[植村猶行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ファトスヘデラの関連キーワードHedera helixセイヨウキヅタ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android