コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファラサン諸島 ファラサンショトウ

デジタル大辞泉の解説

ファラサン‐しょとう〔‐シヨタウ〕【ファラサン諸島】

Juzur Farasan紅海南東部にある諸島。サウジアラビアの港湾都市ジザンの沖合約40キロメートルに位置する。ファラサン島、サジド島をはじめ、多くの小島からなる。古くから海上交易の中継地だったが、現在は石油採掘が行われている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファラサン諸島
ふぁらさんしょとう
Jaz'ir Farasn

紅海南部の東側、アラビア半島のアシール地方の沖に浮かぶ諸島。砂質で低平な、二つの主要島と多くの小島からなる。サウジアラビア領。大航海時代以降、海上交通の拠点として注目を浴び、20世紀に入ると、石油探査の対象となった。[末尾至行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android