コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファン・ルール Jacob C.van Leur

世界大百科事典 第2版の解説

ファン・ルール【Jacob C.van Leur】

1908‐42
オランダのインドネシア社会史研究者。ユトレヒトに生まれ,ライデン大学でインド学を修め,1934年に学位論文〈昔のアジア貿易に関する二,三の考察〉により法学博士号を得た。続いてインドネシアに行き,植民地政庁の内務局,総務局などに勤務しながら多くの論文を発表した。第2次大戦が勃発すると志願して海兵隊に入り,日本軍のジャワ上陸に先立つ海戦において,乗艦とともに撃沈されて34歳の生涯を終えた。彼は従来のオランダ学界に支配的であったヨーロッパ中心の歴史観を排し,アジア,アフリカ海域の貿易はすでにヨーロッパ諸勢力の進出以前からめざましい発達を遂げていたことを,綿密な研究によって実証した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ファン・ルールの関連キーワード国木田独歩監獄法国木田独歩グリフィス西園寺公望内閣新聞小説光緒帝内閣総理大臣キュビスムクリーマー

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android