コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィジアン党 フィジアンとうSoqosoqo ni Vakavulewa ni Taukei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィジアン党
フィジアンとう
Soqosoqo ni Vakavulewa ni Taukei

1987年の軍事クーデター後に成立したフィジーの政党。 91年なかば族長大評議会の主導で設立されたが,支持基盤はフィジー系住民に限定されている。 91年 10月に行われた党会議でシティベニ・ランブカ副首相を党首に選出。 92年5月の総選挙で第1党になり,6月ランブカ党首が首相兼内相に就任。 94年2月総選挙でも族長大評議会を支持基盤として堅実に票を獲得,第1党を維持し,ランブカ首相の続投が決定した。 97年7月にはインド系住民の政治的権利拡大を含む憲法改正案を可決した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フィジアン党の関連キーワード国営企業等労働組合協議会アルモドバル国鉄労働組合島田修二井上光晴ウォーホルゴダール(Jean-Luc Godard)鈴木了二高松伸竹下登内閣

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android