フィブリル(英語表記)fibril

翻訳|fibril

世界大百科事典 第2版の解説

繊維を構成している微小な組織単位。フィブリルは繊維軸に対して70度くらいの角度でらせん状に配列し,たとえば扁平な木綿繊維では表裏で網目模様になる管状構造を形成している。セルロース繊維から成るパルプはそのままでは繊維の長さや太さが大きすぎたり硬すぎるので,叩解(こうかい)という主としてフィブリル化を目的とする操作を行う。フィブリル化は木材繊維の第二次膜およびその内部組織を形成している比較的大きなフィブリルがほぐれてきて,さらにその表面に微細なミクロフィブリルが毛羽立ってくる現象である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

化学辞典 第2版の解説

結晶性高分子固体における配向性のある繊維状の微細組織をいう.フィブリルは光学顕微鏡で観察される数 μm の大きさの構造から,電子顕微鏡で観察される数 nm の大きさの構造をもつ.ポリエチレン球晶中でフィブリルが半径方向に配向しているが,これはラメラ集積による.天然のセルロースにおいては,房状ミセル構造にもとづくフィブリル構造が存在する.高分子材料の破断面に分子鎖が引き出されてミクロフィブリルが形成される場合があり,クレーズとよばれている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android