コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィブリル fibril

翻訳|fibril

1件 の用語解説(フィブリルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フィブリル【fibril】

繊維を構成している微小な組織単位。フィブリルは繊維軸に対して70度くらいの角度でらせん状に配列し,たとえば扁平な木綿繊維では表裏で網目模様になる管状構造を形成している。セルロース繊維から成るパルプはそのままでは繊維の長さや太さが大きすぎたり硬すぎるので,叩解(こうかい)という主としてフィブリル化を目的とする操作を行う。フィブリル化は木材繊維の第二次膜およびその内部組織を形成している比較的大きなフィブリルがほぐれてきて,さらにその表面に微細なミクロフィブリルが毛羽立ってくる現象である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フィブリルの関連キーワード部門筋原繊維フィブリンフィブロイン繊維細胞弾性繊維ミエリン蛋白空中粉塵細胞骨格タンパク質ミクロフィブリル

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フィブリルの関連情報