コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィリップ パンヌトン Philippe Panneton

20世紀西洋人名事典の解説

フィリップ パンヌトン
Philippe Panneton


1895 - ?
カナダの作家。
フランス系カナダ人。1938年処女作「三十アルパン」を発表。他の作品にアメリカ・インディアンの立場から描いた独創的なアメリカ前史の長編小説「世界は彼らの帝国であった」(’43年)、社会小説として評価の高い「日々の重さ」(’47年)、「偽金」(’49年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

フィリップ パンヌトンの関連キーワード日清戦争史(年表)深刻小説ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)日清戦争樋口一葉レントゲン(Wilhelm Konrad Röntgen)観念小説リュミエール兄弟文芸倶楽部[各個指定]工芸技術部門

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android