フィリップ パンヌトン(英語表記)Philippe Panneton

20世紀西洋人名事典の解説

フィリップ パンヌトン
Philippe Panneton


1895 - ?
カナダの作家。
フランス系カナダ人。1938年処女作「三十アルパン」を発表。他の作品にアメリカ・インディアンの立場から描いた独創的なアメリカ前史の長編小説「世界は彼らの帝国であった」(’43年)、社会小説として評価の高い「日々の重さ」(’47年)、「偽金」(’49年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android