コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィーチャーフォン フィーチャーフォンfeature phone

3件 の用語解説(フィーチャーフォンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フィーチャー‐フォン(feature phone)

フィーチャーホン

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

知恵蔵miniの解説

フィーチャーフォン

通話以外に多彩な機能を持つ、タッチパネル式(スマートフォン)ではない携帯端末のこと。日本では独自の進化を遂げガラパゴスケータイ(ガラケー)とも呼ばれる。折りたたみ式のものが多く、テンキーなどのボタンと液晶画面により操作する。一回の充電による利用時間の長さや使用料金を安く抑えられることなどから、2015年2月時点でも先進国におけるフィーチャーフォンの利用者は多く、日本では通話端末のうち4~5割がフィーチャーフォンであるといわれている。15年2月には、スマートフォン用のOSであるAndroidを組み込んだフィーチャーフォンがシャープ株式会社から発売されている。

(2015-4-08)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィーチャーフォン
ふぃーちゃーふぉん
feature phone

通話のみの機能をもつベーシックフォンとパーソナルコンピュータなみの機能をもつスマートフォンの間に分類される、多機能携帯端末。ただし明確な定義はなく、スマートフォン以外の携帯電話端末を総称することもある。電子マネー決済、ワンセグ放送受信など独自の機能を備える日本のフィーチャーフォンは、独自の進化を遂げるガラパゴス諸島の生物になぞらえて、特にガラパゴス携帯(ガラケーと略す)ともよばれる。日本においてはフィーチャーフォンでは、アプリケーションコンテンツの販売や課金はすべて通信事業者の管理下にあり、囲い込み型ビジネスモデルが成立していた。それに対し、Google(グーグル)のAndroid OS(アンドロイドオーエス)を搭載したスマートフォンや、アップル社のiPhone(アイフォーン)では、通信事業者とコンテンツ流通の経路は切り離されている。
 2011年(平成23)ごろからスマートフォンが幅広く普及するようになり、日本国内ではフィーチャーフォンの稼働台数は減少傾向が続いている。それに伴い、各携帯通信事業者の公式メニューにある情報サービスの会員数や利用者数も減少。同メニュー向けの情報配信やコンテンツ販売で収益を上げていた新聞社、レコード会社などの事業展開にも影響を及ぼしている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フィーチャーフォンの関連情報