課金(読み)かきん

精選版 日本国語大辞典「課金」の解説

か‐きん クヮ‥【課金】

〘名〙
料金を課すること。また、その金銭。
※英和外交商業字彙(1900)〈篠野乙次郎〉「Charges 課金」
※日本国との平和条約(1952)一二条「関税、課金、制限その他の規制に関する最恵国待遇」
② 税金。公金
※政教一致に関する史料‐明治五年(1872)一月一八日(岩倉具視関係文書・七)「上に論ずる如く僧徒を提醒せしめて、己を知り彼を知る為課金を以洋行せしめん事を説」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「課金」の解説

か‐きん〔クワ‐〕【課金】

[名](スル)支払を課すること。料金、費用を引き受けさせること。「通信料が課金される」
[補説]近年、「今月はオンラインゲームに課金しすぎた」のように、料金などを支払うで用いられることがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android