コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェデリコ ガルシア・ロルカ Federico Garcia Lorca

20世紀西洋人名事典の解説

フェデリコ ガルシア・ロルカ
Federico Garcia Lorca


1898.6.5 - 1936.8.19
スペインの詩人,劇作家
グラナダ生まれ。
マドリードでマルキーナ、サルバドール・ダリ等と知り合い、1930年頃より学生劇団「ラ・バッカ」を結成し、文筆活動のかたわら演劇の地方公演に情熱を注いだ。詩作、劇作、演出などを手がけ、音楽や絵画にも才能をうかがわせた。’36年の内戦勃発の数日後、フランコ側によって銃殺された。作品としては、処女詩集「詩の本」(’21年)で詩人としての地位を確立し、農村を舞台に人間の本能の葛藤を扱った「血の婚礼」(’33年)、「イェルマ」(’34年)、「ベルナルダ・アルバの家」(’36年)が傑作である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

フェデリコ ガルシア・ロルカの関連キーワードユリイカ(文芸雑誌)ジプシー歌集スペイン文学ブニュエル6月5日

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android