コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェラポントフ修道院 フェラポントフシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

フェラポントフ‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【フェラポントフ修道院】

Ferapontov monastïr'Ферапонтов монастырь》ロシア連邦北西部、ボログダ州の町キリロフの近郊にある修道院。14世紀末、モスクワのシモノフ修道院の修道士フェラポントにより創設。イワン3世からイワン4世にいたる15世紀から16世紀にかけてされた建造された聖堂、教会、食堂などがあり、聖堂内には中世ロシア最大のイコン画家の一人ディオニーシーイコンフレスコ画が残っていることで知られる。ロシア正教会修道院建築の優れた例とみなされ、2000年に世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

フェラポントフ修道院の関連キーワードブルー教会イパチェフ修道院イパチェフスキー修道院キリロベロゼルスキー修道院ズナメンスキー修道院スパソエフフィミエフ修道院スパソプレオブラジェンスキー修道院スモーリヌイ修道院ソロベツキー修道院ノボデビチ修道院

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone