コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修道院建築 しゅうどういんけんちくMonastic architecture

1件 の用語解説(修道院建築の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

修道院建築
しゅうどういんけんちく
Monastic architecture

キリスト教の修道士が共住して修行生活をおくる場所として建てられた建築。修道士とは元来孤立して修行するものであるが,キリスト教義の発達に伴い,一種の教育機関を設けて聖職者を育成する必要をきたし,東方では4世紀にカエサレアの聖バジリウスが,西方では6世紀にヌルシアの聖ベネディクトがおのおの修道会の規則を整えて以来,各地で修道院の建設が盛んとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の修道院建築の言及

【修道院】より

…修道による霊性のよみがえりは砂漠のような現代にとって,人々の大きな救いと希望となりつつある。【今野 国雄】
【修道院建築】
 修道院建築monastic architectureとは,修道院長のもとで共同生活を営む修道士のための建築をいい,聖堂(教会堂),集会室,大食堂,回廊,寝室などからなる修道生活の基本区域と,院長室,応接室,客室など半ば開放された準基本区域で構成される。18世紀まではしばしば修道士の物的生活を支えるための業務を行う大きな世俗区域(菜園など)を伴っていた。…

※「修道院建築」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone