フェルナンデス(Ramon Fernandez)(読み)ふぇるなんです(英語表記)Ramon Fernandez

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェルナンデス(Ramon Fernandez)
ふぇるなんです
Ramon Fernandez
(1894―1944)

フランスの作家、評論家。メキシコ公使の子としてパリに生まれる。1926年評論集『メッセージ』Messagesで注目され、32年には小説『賭(かけ)』Le Pariでフェミナ賞を受けた。政治的関心が強く、その立場は共産党から人民党(右翼)へと大きく揺れ、第二次世界大戦中は対独協力派であった。最晩年の『プルースト』『フランスの道程』(ともに1943)が重要。作家ドミニック・フェルナンデスの父である。

[岩崎 力]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android