フェミナ賞(読み)フェミナしょう(英語表記)Prix Femina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェミナ賞
フェミナしょう
Prix Femina

フランスの文学賞。 1904年,雑誌『ビ・ウルーズ』 Vie heureuse (『フェミナ』誌の前身) に寄稿する女流作家たちによって創設された。審査委員は女性だけの 12名。毎年,11月の第4月曜日に選定される。おもな受賞作には,R.ロラン『ジャン=クリストフ』 (1905) ,R.ドルジュレス『木の十字架』 (19) ,サン=テグジュペリ『夜間飛行』 (31) ,『深夜叢書』 (44) ,マレ=ジョリス『天上の帝国』 (58) ,H.トマ『岬』 (61) ,R.グルニエ『シネ=ロマン』 (72) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

フェミナ賞

フランスの文学賞。1904年、女性雑誌「ラ・ヴィ・ウールーズ」(のちの「フェミナ」誌)に寄稿する女性作家たちにより創設。前年に創設されたゴンクール賞が事実上男性作家のみを対象としていることへの抗議の意図を含む創設の歴史から、現在に至るまで選出は12人の女性審査員により実施されている(受賞者は男女不問)。第1回受賞作品は、ミリアム・ハリー「エルサレムの征服」。1985年より外国語作品賞が創設され、1999年に辻仁成「白仏」が日本人作品として初の受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android