コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェミナ賞 フェミナしょうPrix Femina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェミナ賞
フェミナしょう
Prix Femina

フランスの文学賞。 1904年,雑誌『ビ・ウルーズ』 Vie heureuse (『フェミナ』誌の前身) に寄稿する女流作家たちによって創設された。審査委員は女性だけの 12名。毎年,11月の第4月曜日に選定される。おもな受賞作には,R.ロラン『ジャン=クリストフ』 (1905) ,R.ドルジュレス『木の十字架』 (19) ,サン=テグジュペリ『夜間飛行』 (31) ,『深夜叢書』 (44) ,マレ=ジョリス『天上の帝国』 (58) ,H.トマ『岬』 (61) ,R.グルニエ『シネ=ロマン』 (72) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

フェミナ賞

フランスの文学賞。1904年、女性雑誌「ラ・ヴィ・ウールーズ」(のちの「フェミナ」誌)に寄稿する女性作家たちにより創設。前年に創設されたゴンクール賞が事実上男性作家のみを対象としていることへの抗議の意図を含む創設の歴史から、現在に至るまで選出は12人の女性審査員により実施されている(受賞者は男女不問)。第1回受賞作品は、ミリアム・ハリー「エルサレムの征服」。1985年より外国語作品賞が創設され、1999年に辻仁成「白仏」が日本人作品として初の受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

フェミナ賞の関連キーワードフェルナンデス(Ramon Fernandez)メアリ・グラディス ウェッブマルグリット ユールスナールフランソア マレ・ジョリシャルル シルヴェストルエリック フォトリーノエマニュエル カレールナンシー ヒューストンステラ・D. ギボンズジョルジュ ベルナノスラモン フェルナンデスシルヴィー ジェルマンレイモンド ヴァンサンジャック シャルドンヌポール ヴィヤラールジャック ラクルテルロラン ドルジュレスセルジュ グルサールジョージ センプルンフランソワ チェン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android