コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェミナ賞 フェミナしょう Prix Femina

2件 の用語解説(フェミナ賞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェミナ賞
フェミナしょう
Prix Femina

フランスの文学賞。 1904年,雑誌『ビ・ウルーズ』 Vie heureuse (『フェミナ』誌の前身) に寄稿する女流作家たちによって創設された。審査委員は女性だけの 12名。毎年,11月の第4月曜日に選定される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

フェミナ賞

フランスの文学賞。1904年、女性雑誌「ラ・ヴィ・ウールーズ」(のちの「フェミナ」誌)に寄稿する女性作家たちにより創設。前年に創設されたゴンクール賞が事実上男性作家のみを対象としていることへの抗議の意図を含む創設の歴史から、現在に至るまで選出は12人の女性審査員により実施されている(受賞者は男女不問)。第1回受賞作品は、ミリアム・ハリー「エルサレムの征服」。1985年より外国語作品賞が創設され、1999年に辻仁成「白仏」が日本人作品として初の受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェミナ賞の関連キーワード抵抗文学ドゥ・マゴ賞仏文学フランスソワールマンデスフランス佐藤輝夫中川久定広瀬哲士《現代フランスの文学開拓者たち》ペキネ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フェミナ賞の関連情報