フェルナンデス(読み)ふぇるなんです(英語表記)Ramon Fernandez

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェルナンデス(Ramon Fernandez)
ふぇるなんです
Ramon Fernandez
(1894―1944)

フランスの作家、評論家。メキシコ公使の子としてパリに生まれる。1926年評論集『メッセージ』Messagesで注目され、32年には小説『賭(かけ)Le Pariでフェミナ賞を受けた。政治的関心が強く、その立場は共産党から人民党(右翼)へと大きく揺れ、第二次世界大戦中は対独協力派であった。最晩年の『プルースト』『フランスの道程』(ともに1943)が重要。作家ドミニック・フェルナンデスの父である。[岩崎 力]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フェルナンデスの関連情報