コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェーエットビル Fayetteville

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェーエットビル
Fayetteville

アメリカ合衆国,アーカンソー州北西部の都市。オザーク高原にある住宅地で,農業,養鶏などが主産業。アーカンソー大学 (1871創立) ,女子教育の名門校ソフィアソーヤー女子専門学校 (1839) がある。南北戦争の激戦地の一つ。人口4万 2099 (1990) 。

フェーエットビル
Fayetteville

アメリカ合衆国,ノースカロライナ州南東部の都市。ケープフィアー川の航路の終点にあたる。 18世紀前半に発足した2つの村が合併して 1783年に成立。地名はフランスのラ・ファイエット侯爵にちなんで命名され,89~93年には州都であった。現在,市の主要産業は繊維と木製品。付近にフォートブラッグ,ポープ両空軍基地,フェーエットビル州立大学がある。人口 20万564(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フェーエットビルの関連キーワードアメリカ合衆国

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android