コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォスファーゲン フォスファーゲンphosphagen

2件 の用語解説(フォスファーゲンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フォスファーゲン(phosphagen)

ホスファゲン

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォスファーゲン
ふぉすふぁーげん
phosphagen

細胞内でエネルギー貯蔵の役割を果たしている高エネルギーリン酸化合物の総称。リン酸源ともいう。高エネルギーリン酸化合物とは加水分解によりリン酸が切れたとき多量(ATPアデノシン三リン酸と同等以上)のエネルギーを出すことのできるリン酸化合物のことである。生命活動(生体内の合成反応のような化学的仕事や筋収縮や能動輸送のような物理的仕事)を行うエネルギーのほとんどはATPに蓄えたエネルギーを使う。しかし一般に細胞内のATPの総量はエネルギー生成系による再生がなければ数秒から数分で消費されてしまう。そのためATP以外のリン酸化合物にエネルギーを蓄えておき、必要に応じてATPの生成のために使用する。
 フォスファーゲンの代表的なものは、脊椎動物のフォスフォクレアチン(クレアチンリン酸ともいう)と無脊椎動物のフォスフォアルギニン(アルギニンリン酸ともいう)である。この他フォスフォグアニジノ酢酸、N'-フォスフォグアニジノエチルメチルリン酸があり、いずれもグアニジノ基(H2N-(C=NH)-NH-)にリン酸が結合したもので、フォスフォグアニジン(グアニジンリン酸ともいう)と総称される。
 フォスフォクレアチンは脊椎動物骨格筋、神経のほか各臓器に含まれ、多くの無脊椎動物にもみいだされている。脊椎動物骨格筋ではフォスフォクレアチンはATPの約5倍存在し、筋収縮時にはフォスフォクレアチンとADP(アデノシン二リン酸)からクレアチンとATPが生成し、筋回復時にはATPとクレアチンからADPとフォスフォクレアチンが生成する。いずれの反応にもクレアチンキナーゼが働く。[徳久幸子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone