コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォッパ Foppa, Vincenzo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォッパ
Foppa, Vincenzo

[生]1427頃.ブレシア
[没]1515/1516. ブレシア
イタリアの画家。ロンバルディア地方で指導的役割を果した。初期は J.ベリーニやクレモナのゴシック絵画に影響され,1460年以降 A.マンテーニャの作風を吸収。ミラノ公のスフォルツァ家の宮廷画家として 56~90年パビアで活動。 70年以降はブレシアに定住した。作品はミラノの聖エウストルジオ聖堂ポルティナーリ礼拝堂のフレスコ画 (1468頃) ,ミラノのサンタ・マリア・ディ・ブレラ聖堂のフレスコ画『聖セバスティアヌスの殉教』 (85,ミラノ,ブレラ絵画館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フォッパの関連キーワードモレット・ダ・ブレシアチェッリーニブレラ美術館ルイーニミラノ派サボルド

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android