フォンタナ(読み)ふぉんたな(英語表記)Nicolo Fontana

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォンタナ(Nicolo Fontana)
ふぉんたな
Nicolo Fontana
(1499―1557)

イタリアの数学者。子供のとき、ブレシアへ侵入してきたフランス兵に父を殺され、自らも舌を切り取られた。そのためものをいうことが不自由であり、「タルターリア」Tartaglia(イタリア語で「どもり」の意)とあだ名された。独学で数学を身につけ、ベローナ、ブレシア、ベネチアの各大学で教授となっている。
 三次方程式x3+px=q(この時代には式はなくことばで示されていた)の解法を樹立。この解法を公表しないという条件で請われるままにカルダーノに教えたところ、カルダーノは約束を違えて、1545年に出版した著書『すばらしい技術、すなわちアルゲブラの規則について』のなかで公表してしまった。現代の数学で「カルダーノの公式」とよんでいるものは、フォンタナのものである。[小堀 憲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android