コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タルターリア(英語表記)Niccolò Tartaglia

世界大百科事典 第2版の解説

タルターリア【Niccolò Tartaglia】

1499か1500‐57
ルネサンス期イタリアの数学者,技術者。Tartalea,Tartaliaともつづる。少年期に口に受けた傷によって,どもりを意味するイタリア語に由来するニックネーム,タルターリアを与えられた。正式の教育はほとんど受けなかったが,持ちまえの勤勉さで数学的知識をものにした。数学上の独創的業績としては,1535年の三次方程式の解の発見が第1にあげられる。その公表をめぐるG.カルダーノ,L.フェラリとの論争は大きな話題となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のタルターリアの言及

【カルダーノ】より

…カルダーノの学問的業績として歴史的に見て最も高く評価されるのは,代数学の研究である。古代ギリシアから15世紀末まで3次方程式の解法は不可能であると信じられてきたが,16世紀になるとS.dalフェロScipione dal(del) Ferro,タルターリア等はその特殊な解法を発見した。しかし彼らはいずれもその秘密を公開することはなかった。…

※「タルターリア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる