フォンテーヌ庭園(読み)フォンテーヌていえん

世界の観光地名がわかる事典の解説

フォンテーヌていえん【フォンテーヌ庭園】

フランス南部の都市ニーム(Nîmes)にある庭園。18世紀につくられたヨーロッパで最初の公園の一つで、ニーム駅から徒歩約20分の場所にある。ニームは古代ローマ時代の都市コローニアネマウサから発展した町で、古代ローマ時代の橋・神殿・円形劇場などの遺構が残っている。この公園も、紀元前1世紀末の聖なる泉の周辺の聖域に、古代の聖域を生かしながらフランス式庭園としてつくられたため、新旧のコントラストが楽しめる。この泉を中心にニームの町が形成されたといってもよく、現在もその湧水が市街を潤している。庭園の高みにあるカヴァリエの丘は19世紀につくられたもので、マーニュ塔からはニームの町並みが一望できる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android