コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォンテーヌ庭園 フォンテーヌていえん

1件 の用語解説(フォンテーヌ庭園の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

フォンテーヌていえん【フォンテーヌ庭園】

フランス南部の都市ニーム(Nîmes)にある庭園。18世紀につくられたヨーロッパで最初の公園の一つで、ニーム駅から徒歩約20分の場所にある。ニームは古代ローマ時代の都市コローニアネマウサから発展した町で、古代ローマ時代の橋・神殿・円形劇場などの遺構が残っている。この公園も、紀元前1世紀末の聖なる泉の周辺の聖域に、古代の聖域を生かしながらフランス式庭園としてつくられたため、新旧のコントラストが楽しめる。この泉を中心にニームの町が形成されたといってもよく、現在もその湧水が市街を潤している。庭園の高みにあるカヴァリエの丘は19世紀につくられたもので、マーニュ塔からはニームの町並みが一望できる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォンテーヌ庭園の関連キーワードグラースシャモニーニームバンスビルフランシュシュルメールフランス窓ガール橋フォンビエイユメゾンカレーОш

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone