コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォンテーヌ庭園 フォンテーヌていえん

1件 の用語解説(フォンテーヌ庭園の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

フォンテーヌていえん【フォンテーヌ庭園】

フランス南部の都市ニーム(Nîmes)にある庭園。18世紀につくられたヨーロッパで最初の公園の一つで、ニーム駅から徒歩約20分の場所にある。ニームは古代ローマ時代の都市コローニアネマウサから発展した町で、古代ローマ時代の橋・神殿・円形劇場などの遺構が残っている。この公園も、紀元前1世紀末の聖なる泉の周辺の聖域に、古代の聖域を生かしながらフランス式庭園としてつくられたため、新旧のコントラストが楽しめる。この泉を中心にニームの町が形成されたといってもよく、現在もその湧水が市街を潤している。庭園の高みにあるカヴァリエの丘は19世紀につくられたもので、マーニュ塔からはニームの町並みが一望できる。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

フォンテーヌ庭園の関連キーワードデニムレーザーメス帽子屋の幻影レーザーメスニームの闘技場

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone