コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フタバスズキリュウ フタバスズキリュウ

3件 の用語解説(フタバスズキリュウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フタバスズキリュウ
フタバスズキリュウ

1968年,福島県いわき市の白亜紀後期の地層から,地元の高校生が発見した長頸竜類 (首長竜) の一種。 70年冬までかけて発掘され,頭骨,前後肢骨,胸骨,肋骨,骨盤,椎骨などほぼ1個体分の骨化石が採集された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

フタバスズキリュウ

約8500万年前の大型海生は虫類の首長竜化石の1つ。1968年に福島県いわき市大久川河岸の白亜系双葉層群で見つかり、2006年、佐藤たまき、長谷川善和、真鍋真により英国古生物学会誌に記載され、新種として学名が有効となった。主要な特徴は(1)目と外鼻孔が前後に離れている、(2)上腕骨が大腿骨と比し特に長く頑丈、(3)鎖骨と間鎖骨の癒合体の形状が独特、(4)同時代のエラスモサウルス類にしては橈(とう)骨・尺骨や脛(けい)骨・腓(ひ)骨が比較的長い。推定全長6〜9m。発見したのは当時高校生の鈴木直で、脊椎骨・肋骨など数点を発見。さらに長谷川善和、小畠郁生が発掘・研究し、骨格のレプリカが展示された。化石として保存されていたのは骨格のうち約70%。系統進化や古生物地理の資料として貴重。国立科学博物館のほかいわき市石炭・化石館などにレプリカが展示されている。

(小畠郁生 国立科学博物館名誉館員 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フタバスズキリュウ
ふたばすずきりゅう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フタバスズキリュウの関連キーワードカンブリア紀首長竜新第三紀第三紀爬虫類プレシオサウルスベーリング陸橋ホモエレクトゥスオモ川下流域ワディ-エル-ヒータン〈クジラの谷〉

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フタバスズキリュウの関連情報