コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首長竜 クビナガリュウ

デジタル大辞泉の解説

くびなが‐りゅう【首長竜】

鰭竜(きりゅう)目の古代爬虫類(はちゅうるい)の総称。中生代に栄えた。全長4~12メートル、胴はずんぐりとし、首が非常に長い。海生で、大きなひれ脚で泳ぎ、肉食プレシオサウルスエラスモサウルスなど。日本ではフタバスズキリュウなどが知られる。蛇頸竜。長頸竜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

首長竜【くびながりゅう】

蛇頸(だけい)竜または長頸竜とも。ジュラ紀白亜紀の海に栄えた化石爬虫(はちゅう)類。体長4〜12m。カメの体にヘビの首をつけたような形をしていた。肉食で,口には無数の鋭い歯を備え,オール状の(ひれ)を動かして遊泳

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くびながりゅう【首長竜】

爬虫類の広弓亜綱Euryapsidaに属する鰭竜(きりゆう)目Sauropterygiaの1群(亜目)Plesiosauria。蛇頸竜あるいは長頸竜ともいう。ジュラ紀および白亜紀に全世界に栄えた海生の爬虫類の代表的な動物群である。側頭窓は単一で,顎関節の位置は低く方形頰骨を欠いている。頭骨上面に松果孔が開く。椎骨は両凹ないし両平型。肋骨は単頭で脊椎の横突起に関節する。腹側にも3種類の互いに関節しない肋骨が籠状に配列している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くびながりゅう【首長竜】

鰭竜きりゆう目の化石爬虫類。ジュラ紀・白亜紀に栄えた。海生で、魚食性。体長15メートルに達するものがあった。頭が小さく首の非常に長い種類と、首が短く頭の大きい種類とがある。日本でも化石が発見されている。蛇頸竜。長頸竜。プレシオサウルス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

首長竜
くびながりゅう

長頸竜類」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

首長竜
くびながりゅう
plesiosaur
[学]Plesiosauria

ジュラ紀から白亜紀にかけての、約1億9960万年~6550万年前に繁栄した海生爬虫(はちゅう)類。分類学上は鰭竜(きりゅう)目中の1亜目。長頸(ちょうけい)竜あるいは蛇頸(だけい)竜ともいう。外観はヘビのような頸(くび)がウミガメのような胴につながっているようにみえる。2大別され、頸の長い種類では頭が非常に小さく、頸の短い種類では頭が非常に大きかった。前肢と後肢はオールのように変形していた。泳ぎ方は、ウミガメやペンギンのように、四肢を翼のように水中で流したものらしい。鼻孔は頭の頂上の眼前にあり、あごはとがった歯で武装されていた。エラスモサウルスElasmosaurusでは頸骨(けいこつ)(頸の骨)が76個もあるほど長かった。胃の中に胃石(ガストロリス)をもち、翼竜、魚、頭足類の遺骸(いがい)を含んだ化石が発見されている。最小で全長2メートルぐらいから、全長13メートルにまで及ぶ種類がある。頭の大きい種類では頭長3メートルもあるものがいた。[小畠郁生]
『小畠郁生著『白亜紀の自然史』(1993・東京大学出版会) ▽金子隆一・中野美鹿・長尾衣里子著『翼竜の謎――翼竜・首長竜・魚竜の時代』(1995・二見書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

首長竜 (クビナガリュウ)

学名:Plesiosauria
動物。海生の化石爬虫類

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

首長竜の関連キーワードフタバスズキリュウ(双葉鈴木竜)サツマウツノミヤリュウホルツマーデン動物群アンモナイト類クロノサウルス三島ゆたか小泉今日子雨音めぐみ双葉鈴木竜龍のいる島水間貴弘金子ゆい神岡実希川島鈴遥ネッシー黒沢清佐藤健澤山薫管勇毅橈骨

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

首長竜の関連情報