コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フタバムグラ(双葉葎) フタバムグラHedyotis diffusa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フタバムグラ(双葉葎)
フタバムグラ
Hedyotis diffusa

アカネ科の一年草で,日本南部から東南アジア暖帯から熱帯に分布する。湿地や田のあぜなどにごく普通に生える。茎は細く長さ 10~30cmぐらいで基部から分枝し,斜上または横にはう。葉はほとんど無柄で対生し,長さ1~3cmの針状線形葉脈は1本だけ目立つ。8~10月に,葉腋白色でかすかに紅紫色の細かな花をつける。花冠は4つに裂け,径 2mm前後で下半部は短い筒をなす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フタバムグラ(双葉葎)の関連キーワードアカネ科

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android