コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フタバラン heart‐leaved twayblade

世界大百科事典 第2版の解説

フタバラン【heart‐leaved twayblade】

茎の中央に2枚のが対生してつく小型の地生ラン(イラスト)。北半球亜寒帯に広く分布する。コフタバランともいう。根茎は細長く,地中を横走する。花茎は高さ10~20cm,中ほどに2枚の葉を対生する。葉は心臓形で長さ1~2cm。6~8月,頂生の花序に5~6個の花をややまばらにつける。花は緑色または茶褐色を帯び,径約3mm,花被片は開出する。唇弁は長さ約3mm,基部に小さな突起が1対あり,先端は2裂して尾状に伸びる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フタバラン
ふたばらん / 二葉蘭
[学]Listera cordata (L.) R. Br.

ラン科の多年草。根茎は細く、横走する。花茎は高さ10~20センチメートル。葉は花茎の中央付近に2枚対生し、心臓形で長さ1~2センチメートル。6~8月、茎頂に緑色または茶褐色を呈し径約3ミリメートルの花を数個開く。唇弁は長さ約3ミリメートルで2裂する。距(きょ)はない。針葉樹林下に生え、中部地方以北の本州、四国、および北半球の亜寒帯に広く分布する。名は、葉が2枚つくことに由来する。フタバラン属は北半球の寒冷地を中心に約30種が知られ、日本にはほかにミヤマフタバランなど4種が分布する。[井上 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フタバランの関連キーワードコフタバラン(小二葉蘭)二葉蘭井上

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android