コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フッガー Fugger, Jacob II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フッガー
Fugger, Jacob II

[生]1459.3.6.
[没]1525.12.30.
ドイツ,アウクスブルクの大財閥フッガー家の最盛期を現出させた人物。そのため「富裕者」 der Reicheと呼ばれた。初め聖職についたが 1478年に還俗して家業を継いだ。 87年にはハプスブルク家に対して最初の貸付けを行い,その担保としてチロルの銀と銅の鉱山を獲得。次いでハンガリーの鉱山業にも進出,鉱山業をフッガー家の富の基盤とした。さらにローマ教皇とも金融上の関係を結び,カトリック教会と深く関係した。 M.ルターの宗教改革の動機となった贖宥状販売の背後には,フッガー家があったが,神聖ローマ皇帝カルル5世選出の資金の過半を彼が調達したことは有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

フッガー【Fugger】

一五~一六世紀に巨富を誇った南ドイツのアウクスブルクの商家。東方貿易・鉱山経営で栄え、巨額の融資を行い、教皇や皇帝を動かすほどの権勢をもち、免罪符の販売にも関与した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

フッガーの関連キーワードゲルハルト(Hubert Gerhard)アルブレヒト[マインツ]バンスカービストリツァコレギウム・アウレウムラーフェンスブルク会社ウェルザー[家]ロマンチック街道ニュルンベルクアウクスブルクドナウウェルトリンスホーテンエーレンベルクアウグスブルクウェルザー家アイヒンガーアルマデンフッゲライマジェランシュワーツエッカルト

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android