ドイツ農民戦争(読み)ドイツのうみんせんそう(英語表記)Bauernkrieg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドイツ農民戦争
ドイツのうみんせんそう
Bauernkrieg

1524~25年主としてドイツ南西部に広まった大規模な農民一揆。 M.ルター宗教改革に刺激され,従来からしばしば不満を表明してきた農民層が一挙に蜂起した事件で,その源流はボヘミアフス戦争,さらにはスイスの独立戦争にまでさかのぼる。農民側指導者としては T.ミュンツァーが最も名高く,その思想は急進的であったが,農民の要求は「シュワーベン農民の 12ヵ条」にみられるように比較的穏和なものであった。ルターは最初は農民を支持したが,農民の一部が急進化し,略奪に明け暮れるありさまをみて,一揆鎮圧を主張するにいたった。一時はドイツを震撼させたこの大一揆も,相互の結束を欠き,諸侯の軍隊によって徹底的に鎮圧され,以後ドイツ農民の地位上昇ははばまれた。総じてこの農民戦争は,領邦君主による統一的支配実現の過程で,農民の伝統的な諸権利が侵され,荘園領主による封建的権利の濫用に加えて,君主への租税負担が増大したことに最大の原因をもっていたと思われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ドイツ‐のうみんせんそう〔‐ノウミンセンサウ〕【ドイツ農民戦争】

1524年から1525年にかけてドイツで起きた大規模な農民の反乱荘園制の解体による危機を、領主封建地代強化で打開しようとしたことに始まった。宗教改革運動に呼応していたが、ルターは農民の急進化をみて領主側支持に転じ、戦争は農民の敗北に終わった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ドイツ農民戦争【ドイツのうみんせんそう】

大農民戦争とも。西南ドイツに始まり,1524年―1525年にわたりバイエルンを除くドイツ全土に及んだ農民一揆(いっき)。領邦国家による賦役農奴制の復活,増税や村落共有地利用の制限に反対して起こった。宗教改革思想の浸透とともに,聖書に基づいた社会をめざす〈神の正義〉を掲げて一揆は拡大し,シュワーベンでは《十二ヵ条》の要求がまとめられた。しかし,諸侯傭兵(ようへい)軍により鎮圧された。ルターは農民の要求に同情したが,チューリンゲンの農民団の指導者にミュンツァーがいると知って一揆を批判した。
→関連項目グリューネワルト十分の一税チューリンゲン農民一揆リーメンシュナイダー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドイツのうみんせんそう【ドイツ農民戦争 Deutscher Bauernkrieg】

宗教改革期の1524年から25年にかけて,ドイツに起こった大農民一揆。その範囲,規模,戦闘の激しさから〈農民戦争〉と称せられる。 13世紀の古典荘園制の解体とともに,ドイツ農民は賦役義務,不自由身分などからしだいに解放され,自由な経済活動によって富裕化し,とくに南西ドイツでは,農村家内工業としての麻織物業を経営してブルジョア化する農民も現れた。これに対し封建領主階級,とくに領邦国家は15世紀に入って反動政策を強化し,それは賦役の復活,地代・租税の増徴農奴制の復活,村落共有地用益権の制限,村落自治の制限などとなって現れた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ドイツのうみんせんそう【ドイツ農民戦争】

1524年から25年のドイツの農民反乱。宗教改革を背景とし、農民は貢租軽減・農奴制廃止・教会改革などを主張。ミュンツァーを指導者に反乱を拡大したが、ルターの支持を得た領主連合に鎮圧された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のドイツ農民戦争の言及

【チューリンゲン】より

…ウェッティン家は,ザクセン選帝侯位を得たが,1485年アルベルト家系とエルンスト家系に分かれ,チューリンゲンの大部分は後者の領有に移った。 16世紀に入って,チューリンゲンはドイツ農民戦争の中心の一つとなった。ミュンツァーが,1525年4月,ミュールハウゼン市を中心として農民を組織し,同市の市民・農民合同団をはじめ,フルダ修道院領,ランゲンザルツァ,エルフルトなどに農民団が結成され,多くの修道院,城砦が焼き払われた。…

【農民反乱】より

…第1には,領主制と直接に対峙するものであり,ヒルトンはこれを〈地代をめぐる闘争〉と呼んだが,地代徴収を軸とする領主権に対し,年貢の減免,バナリテ(領主の製粉所やパン焼がまの使用強制権)の制限などを要求する反領主一揆である。このタイプは,中世の農民蜂起の基本型をなすものだが,ドイツ農民戦争(1524‐25)の12ヵ条の要求や革命前夜フランス全土に広まった〈大恐怖〉の蜂起(1789)においても,領主制批判が前面に押し出されている。 第2には,個別領主に対する要求の域を越え,国家の租税や軍隊の徴発などに反対する一揆であり,農民反乱の名で呼ばれるような大規模な蜂起には,この型のものが多い。…

※「ドイツ農民戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android