コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フッガー家 フッガーけFugger

4件 の用語解説(フッガー家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フッガー家
フッガーけ
Fugger

15~16世紀の南ドイツで台頭した史上有名な財閥の家系。当時のドイツを経済史学上「フッガー時代」と呼ぶほど顕著な存在で,その取引圏はアウクスブルクを中心としてドイツ,ハンガリーボヘミアオーストリアからイタリアスペインなどヨーロッパ各地に及んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フッガー‐け【フッガー家】

Fugger》15、6世紀、ドイツのアウグスブルクの豪商の一族。東方貿易や鉱山経営によって巨富をなし、教皇や皇帝・諸侯らに融資を行うなどして国際政治にも大きな影響力を持った。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

フッガーけ【フッガー家】

宗教改革時代の南ドイツ,アウクスブルクの豪商。領主への貸付けと鉱山業で有数の富豪となり,ハプスブルク家カトリックの陣営を援助し,ルネサンスの学芸を保護した。1367年ハンスHans Fugger(1348‐1409)が近郊のグラーベン村からアウクスブルクへ出て織工ツンフトに加入,その子ヤーコプJakob Fugger(1407ころ‐69)はベネチアと織物や香料の取引を行った。ヤーコプは7男4女をもうけ,その末子ヤーコプ2世Jakob II Fugger(〈富豪ヤーコプ〉,1459‐1525)は幼時に聖界に入ったが還俗,イタリアで商業を習い兄を助けて家業についた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フッガー家
ふっがーけ
die Fugger

宗教改革時代の南ドイツの豪商。ヤコブ2世Jacob (「富豪ヤコブ」、1459―1525)の代に大いに繁栄した。1367年、彼の祖父ハンスがアウクスブルクへ出て織工ツンフトに加入、父ヤコブ1世Jacob (1412―69)はベネツィアと織物や香料の商業を営む。
 七男四女の末子に生まれたヤコブ2世は、聖界に入ったが、還俗(げんぞく)してイタリアで商業を習い家業についた。1485年以来チロールの領主への貸付けの代償に銀の先買権を獲得し、銀の販売で大きな利益をあげた。後の皇帝マクシミリアン1世との関係もこのころから始まった。94年ハンガリー王からノイゾール銅山を賃借し、クラクフの技師トゥルツォーの協力を得て銅の採掘と精錬を始め、輸送路を確保するため取引範囲を拡大した。銀と銅は当時東方への輸出品であった。93年に新興の国際市場アントワープ(アントウェルペン)に支店を開設、98年にはベネチアで同業者と銅の販売カルテルを結び、1505、06年にはリスボンへ進出、4000ドゥカーテンを出資して東インド貿易に参加した。教皇庁の高官フォン・メッカウなど有力者との結び付きを利用して取引網を広げ、教皇庁の銀行家として各地の司教からローマへの献納金や贖宥(しょくゆう)状(免罪符)売上金の送金を引き受けた。ハプスブルク家を援助し、19年の皇帝選挙ではカール5世(マクシミリアンの孫でスペイン王カルロス1世)の選挙資金85万グルデン中54万グルデンを融通した。その回収のためチロール銀山のほかスペインの騎士団領の収益がフッガーに委譲された。このころ大商人の独占に対する非難が激しく、23年帝国議会はフッガーを裁判にかけることを決めたが、彼は皇帝に詰問の手紙を送って裁判の中止と取引の保証を取り付けた。農民戦争では領主側に資金と武器を提供したが、ハンガリーでは民族的反抗にあって鉱山の放棄を決意し、心労のなかで25年66歳で死去した。
 彼は、兄から引き継いだ財産を10倍に増やし、20以上の支店、60の町の代理商と駐在員を使って国際的な商業と金融業を営んだ。1507年以後領地を購入し、14年に伯爵に叙せられたが、自らは称号を使わず商人で通した。学芸を保護し、寄付や慈善を続け、14年には低家賃住宅フゲライを建てた。
 ついで、彼の甥(おい)のアントンAnton(1493―1560)の代に、資産は最大になったが、返済の保証のない債権が増加し、事業はスペイン王室への貸付けとアントワープでの投機に傾いた。そのためスペイン王室の支払い停止(1557、1575、1607)とアントワープの陥落(1585)で痛手を受け、17世紀には商業から退いた。
 フッガー家は、土地貴族として現在まで続いており、アントンの代から集めた多数の史料がディリンゲンのフッガー文庫に収蔵されている。[諸田 實]
『諸田實著『ヤコプ・フッガー』(松田智雄編『巨富への道』所収・1955・中央公論社) ▽諸田實著『ドイツ初期資本主義研究』(1967・有斐閣)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフッガー家の言及

【アウクスブルク】より

…古くからドイツとイタリアを結ぶ交通の要衝であり,現在も鉄道3線が交差し,ロマンティッシェ・シュトラーセの中間に位置する。15,16世紀には南ドイツ経済の繁栄の中心になり,フッガー家をはじめ多くの国際的巨商が輩出した。19世紀以降綿工業が発達し,現在は機械工業の中心でもある。…

※「フッガー家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone