コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フッ素ゴム フッそゴムfluoro rubber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フッ素ゴム
フッそゴム
fluoro rubber

フッ素を組成のなかに含むゴム状弾性体の総称。種類は多く,代表的なものとして六フッ化系のフッ素ゴム (フッ化ビニリデンとヘキサフルオルプロピレンの共重合体) がある。共通の性質としてすぐれた耐熱性,耐薬品性,特に耐油性をもっている。もともと軍需用ジェットエンジンの耐熱,耐薬品性弾性体を目的として開発された特殊ゴム。航空機関連,自動車工業関連,原子力発電,化学プラントなどの高機能部品からホース,ライニングまで広範に用いられている。近年,需要量が急増しており,1970年代に 100t程度であったが,現在は 10~15倍の需要があると推定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フッ素ゴム
ふっそごむ
fluoro rubber

フッ素を含む高分子からなる特殊合成ゴムの総称。六フッ化プロピレン‐フッ化ビニリデン共重合体(FKM)が代表であり、テトラフルオロエチレン‐プロピレン共重合体(FEPM)、テトラフルオロエチレン‐パーフルオロビニルエーテル共重合体(FFKM)などがある。架橋はポリアミン、ポリオールで行う。その他含フッ素のアクリル系、シリコーン系、およびポリエステル系などがある。ゴムのなかで最高の耐熱性(200~250℃)があり、耐油性、耐候性、耐薬品性も著しく優れている。加工性や反発弾性が劣り、非常に高価である。航空機・宇宙・自動車産業、化学プラントなど過酷な使用条件を必要とする分野でパッキング、オイルシール、ガスケット、ダイヤフラム、バルブ、燃料ホースなどに用いられる。[福田和吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フッ素ゴムの関連キーワード合成ゴム工業アクリルゴムフッ素化学塗覆装