コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フモトシダ Microlepia marginata (Panzer) C.Chr.

世界大百科事典 第2版の解説

フモトシダ【Microlepia marginata (Panzer) C.Chr.】

関東および北陸以西の本州,四国,九州,沖縄の低山地や山ろくの林内にやや普通にみられるコバノイシカグマ科の常緑多年生シダ植物(イラスト)。地下に長くはう根茎があり,小さな群落を作る。葉は単羽状で,黄緑色から暗緑色葉柄を含めて長さ60~120cm,全体に淡色が多いが,葉の表にほとんど毛のないものもある。葉身は長卵形から卵状三角形,羽片は浅~深裂し,裂片の辺縁からやや離れた位置にポケット状の包膜につつまれた胞子囊群が並び,包膜には毛がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フモトシダ
ふもとしだ / 麓羊歯
[学]Microlepia marginata (Panzer) C. Chr.

イノモトソウ科の常緑性シダ。褐色毛のある細長い根茎に、長さ60センチメートル以上の1回羽状分裂の葉をつける。葉裏全体に毛がある。胞子嚢(のう)群は葉縁近くにつき、包膜にも毛がある。関東地方以西の暖地林に多い。[西田治文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フモトシダの関連キーワードイノモトソウ科

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android