コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フュレー phylē

翻訳|phylē

世界大百科事典 第2版の解説

フュレー【phylē】

古代ギリシアのポリスの下部組織をなす部族。ポリスはいくつかの部族から成るのが一般で,この意味では部族連合の性格をもつが,古代ギリシアの部族は,行政・軍事などの国家的機能を果たした。ポリスとしてのアテナイは,四つの部族(アルガデイス,アイギコレイス,ゲレオンテス,ホプレテス)から成り,各部族は三つの胞族(フラトリア)から成り,各胞族は30の氏族(ゲノス)から成り,各氏族は30人(30家族と見ることができる)から成っていたという古い伝承がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフュレーの言及

【ゲンス】より

…これは共通の祖先をもつと観念された複数の家族(オイコス)の集合体である。アリストテレスの《アテナイ人の国制》の散逸した部分の断片によれば,アッティカには古くから四つの部族(フュレー)があり,各部族は三つの胞族または兄弟団(フラトラまたはフラトリア)から成り,したがって全部で12の胞族があり,各胞族は30の氏族から成り,各氏族は30人から成っていたとされている。30人とは30の家(オイコス)という意味と解せられる。…

※「フュレー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android