コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フライダンク Freidank

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フライダンク
Freidank

[生]?
[没]1233頃
中世ドイツの格言詩人。シュワーベンの市民出身の吟遊詩人といわれる。作品『ベシャイデンハイト (世間知) 』 Bescheidenheitは人生一般を明快に,含蓄深くうたい上げた格言詩の集成。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フライダンク【Freidank】

?‐1233?
ドイツ中世の格言詩集《分別集Bescheidenheit》(1230ごろ)の作者。シュワーベン出身の学識のある遍歴詩人と見られるが,神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世の十字軍遠征に参加したことのほか,伝記は不詳。《分別集》は2行ないし4行単位の短詩形式の処世訓を集めたもの。総詩行はおよそ4700行,社会生活万般の箴言(しんげん)を集大成した観がある。キリスト教的倫理に貫かれ,いわば〈世俗的聖書〉として広く愛好され,その影響は近世に及んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android