コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フライダンク Freidank

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フライダンク
Freidank

[生]?
[没]1233頃
中世ドイツの格言詩人。シュワーベンの市民出身の吟遊詩人といわれる。作品『ベシャイデンハイト (世間知) 』 Bescheidenheitは人生一般を明快に,含蓄深くうたい上げた格言詩の集成。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フライダンク【Freidank】

?‐1233?
ドイツ中世の格言詩集《分別集Bescheidenheit》(1230ごろ)の作者。シュワーベン出身の学識のある遍歴詩人と見られるが,神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世の十字軍遠征に参加したことのほか,伝記は不詳。《分別集》は2行ないし4行単位の短詩形式の処世訓を集めたもの。総詩行はおよそ4700行,社会生活万般の箴言(しんげん)を集大成した観がある。キリスト教的倫理に貫かれ,いわば〈世俗的聖書〉として広く愛好され,その影響は近世に及んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

フライダンクの関連キーワード天福前田健太教訓抄建礼門院右京大夫興聖寺毫摂寺西寺重信川拾遺愚草貞永

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android