コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラスカーティ フラスカーティ Frascati

翻訳|Frascati

2件 の用語解説(フラスカーティの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フラスカーティ(Frascati)

イタリアの首都ローマ南東部、カステリロマーニ地方の町の一。町の名を冠した白ワインの産地として有名。16世紀末から17世紀初頭にかけて枢機卿(すうききょう)ピエトロ=アルドブランディーニの別荘として建てられたビラアルドブランディーニがあり、マニエリスム建築の傑作として知られる。ほかに、紀元前6世紀の貯水池、紀元前1世紀の野外劇場などの遺跡がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フラスカーティ
ふらすかーてぃ
Frascati

イタリア中部、ラツィオ州ローマ県の都市。人口1万9303(2001国勢調査速報値)。ローマ南東21.5キロメートルアルバーノ山地北西斜面の標高320メートルの地に位置する。有名な白ぶどう酒の産地。16世紀以降、ローマの貴族の避暑地となり、ビッラ・アルドブランディーニをはじめとして由緒ある別荘が多くみられる。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フラスカーティの関連キーワードカステルガンドルフォフラスカティアリッチャカステリロマーニジェンツァーノトラステベレネミパラティーノの丘ローマの七丘カステリ・ロマーニ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone