コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランクフルト会議 フランクフルトかいぎ

世界大百科事典 第2版の解説

フランクフルトかいぎ【フランクフルト会議】

カロリング朝時代にフランクフルト・アム・マインではたびたび教会会議が開かれたが,特に著名なのは794年カール大帝によって召集されたもの。スペインのトレド大司教エリパンドゥスElipandusの唱えた〈キリスト養子説〉に対する態度を決定するために開かれ,アルクインらがこれに反論した。さらに第2ニカエア公会議(787)が聖像の崇敬と礼拝とを区別するという論理でこの問題に決着をつけたことに対し,この解釈を異端として排斥した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android