コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランクフルト会議 フランクフルトかいぎ

1件 の用語解説(フランクフルト会議の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フランクフルトかいぎ【フランクフルト会議】

カロリング朝時代にフランクフルト・アム・マインではたびたび教会会議開かれたが,特に著名なのは794年カール大帝によって召集されたもの。スペイントレド大司教エリパンドゥスElipandusの唱えた〈キリスト養子説〉に対する態度を決定するために開かれ,アルクインらがこれに反論した。さらに第2ニカエア公会議(787)が聖像の崇敬と礼拝とを区別するという論理でこの問題に決着をつけたことに対し,この解釈を異端として排斥した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フランクフルト会議の関連キーワードカロリング朝東フランク王国フランク王国フランクフルトメロビング朝フランクフルトソーセージフランクフルターアルゲマイネフランクフルト大聖堂フランクフルトへの乗客フランクフルター

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone