フランシス キング(英語表記)Francis King

20世紀西洋人名事典の解説


1923 -
英国の小説家。
1949年にオックスフォード大学を卒業し、’51年に修士課程を終了する。ブリティッシュ・カウンシルに務め’59年からは数年京都支所長として赴任した。その傍ら、作家活動もして、’51年に「分流」でデビューし、’52年にモーム賞を受賞している。そのほか「黒い眼鏡」(’54年)、「快楽の園の最後のもの」(’65年)などがあり、また短編集に日本を取材して書いた「唐傘」(’67年)などがある。作品の舞台は彼の豊かな外国生活を反映してバラエティーに富んでいる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android