コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランシュフック Franschhoek

デジタル大辞泉の解説

フランシュフック(Franschhoek)

南アフリカ共和国南西部、西ケープ州の町。ケープタウンの東約75キロメートルに位置する。17世紀末、ナントの勅令の廃止によりフランスから逃れてきたユグノー派が入植。名称は「フランス人地区」を意味する。フランス風の街並みが残り、移住の歴史を紹介する博物館がある。同国を代表するワイン産地の一つであり、近隣のステレンボッシュパールなどの産地とあわせてワインランドとよばれる。また、美食の町としても知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

フランシュフックの関連キーワード勅令

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android