美食(読み)びしょく

精選版 日本国語大辞典「美食」の解説

び‐しょく【美食】

〙 ぜいたくなもの、うまいものを食べること。また、その食事
今昔(1120頃か)五「大豆等を以て美食として米乏しき所也」 〔漢書‐鮑宣伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「美食」の解説

び‐しょく【美食】

[名](スル)ぜいたくでうまいものばかり食べること。また、その食事。「美食家」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の美食の言及

【食事】より

…食事に関する文化は,歴史的にきわだった階級差をもって発達してきたのである。近代以前の社会において,うまい食物を集めることができ,高度の料理技術を発揮できる専門の料理人をかかえ,美食にふさわしい食事の場を構成する食堂や食器,召使がそろっていたのは,王侯,貴族,高級官僚,富豪などにかぎられていた。それぞれの民族の食事文化において,洗練された料理や食事作法を発達させたのは宮廷であった。…

※「美食」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android