コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美食 ビショク

デジタル大辞泉の解説

び‐しょく【美食】

[名](スル)ぜいたくでうまいものばかり食べること。また、その食事。「美食家」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

びしょく【美食】

( 名 ) スル
おいしい物ばかりを食べること。また、贅沢ぜいたくな食べ物。 「 -家

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の美食の言及

【食事】より

…食事に関する文化は,歴史的にきわだった階級差をもって発達してきたのである。近代以前の社会において,うまい食物を集めることができ,高度の料理技術を発揮できる専門の料理人をかかえ,美食にふさわしい食事の場を構成する食堂や食器,召使がそろっていたのは,王侯,貴族,高級官僚,富豪などにかぎられていた。それぞれの民族の食事文化において,洗練された料理や食事作法を発達させたのは宮廷であった。…

※「美食」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

美食の関連キーワードグリモー・ド・ラ・レニエールマルコ・パオーロ モリナーリシャトーブリアン・ステーキおとりよせ王子 飯田好実ジャン・ロベール ピットアンソニー ボーデインブリヤ・サヴァランフランシュフックシャトーブリアンブリヤ=サバラン北大路 魯山人ガストロノームタバスコソースガストロノミー大熊ひろたかサン=タマン北大路魯山人無形文化遺産ベロネーゼ淫酒・婬酒

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美食の関連情報