フランソワ ピノー(英語表記)François Pinault

現代外国人名録2016「フランソワ ピノー」の解説

フランソワ ピノー
François Pinault

職業・肩書
実業家,美術収集家 ケリング創業者

国籍
フランス

生年月日
1936年8月21日

出生地
ブルターニュ

勲章褒章
レジオン・ド・ヌール勲章オフィシエ章

経歴
1963年材木業を創業。その後事業を拡大、多角化し、破綻会社の再建事業などを手掛ける。’92年持ち株会社アルテミスを設立。同年小売業プランタンの株式の過半数を取得し、プランタン・ルドゥートと合併、プランタン、グッチ、イヴ・サン・ローランバレンシアガ、ボッテガ・ヴェネタなどを傘下に持つヨーロッパ流通最大手、ピノー・プランタン・ルドゥート(PPR)を創設。2005年息子がCEO(最高経営責任者)となり、2007年スポーツメーカーのプーマを買収。2009年非中核事業の化粧品事業、2011年には通信販売業を切り離す。2013年PPRはケリング(Kering)に社名変更。この間、1993年シャトー・ラトゥール・ワイナリーを、’98年には美術品の競売会社クリスティーズを傘下に収める。一方、フランスの美術品、家具、現代美術の収集家としても知られ、2007年パリ南西部セーヌ川のスガン島に安藤忠雄の設計による世界級の現代美術館“ピノー美術館”を、2009年にはイタリアベネチアに“プンタ・デラ・ドガーナ”を建設。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android