フランソワーズ サガン(英語表記)Francoise Sagan

20世紀西洋人名事典の解説

フランソワーズ サガン
Francoise Sagan


1935.6.21 -
フランスの小説家。
ドルドーニュ地方生まれ。
本名フランソアーズ クアレズ。
ソルボンヌ大学在学中「悲しみよ今日は」(1954年)を発表し、’54年度批評家賞を受賞し、一躍ベストセラー作家となる。2作目「ある微笑」(’56年)も好評を博し、ベストセラーとなる。繊細な心理描写を得意とし、文体は美しく簡潔な筆致で描き、’70年代からは凝った文のつくりが加わり、作家としての成熟がうかがわれる。’58年出版会社社長と結婚するが、’60年離婚する。他の作品に「ブラームスはお好き」(’59年)、「スウェーデンの城」(’60年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

フランソワーズ サガン

生年月日:1935年6月21日
フランスの作家;劇作家
2004年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フランソワーズ サガンの関連情報