フリッツ ゼルニケ(英語表記)Frits Zernike

20世紀西洋人名事典「フリッツ ゼルニケ」の解説

フリッツ ゼルニケ
Frits Zernike


1888.7.16 - 1966.3.10
オランダ物理学者
元・フローニンゲン大学教授
アムステルダム生まれ。
アムステルダム大学数学物理学を学び、1913年フローニンゲン大学の天文学研究室助手となり数理物理学講師を経て、’20年から’58年まで教授を務める。統計力学分野では多粒子系の相関関数に関するオルンシュタイン・ゼルニケ理論の研究、光学分野ではツァイス会社と協力して’35年位相差顕微鏡を完成させ医学、生物学等に貢献。これらの業績により’53年ノーベル物理学賞受賞。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典「フリッツ ゼルニケ」の解説

フリッツ ゼルニケ

生年月日:1888年7月16日
オランダの物理学者
1966年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android