フリッツ タヴロヴ(英語表記)Frits Thaulow

20世紀西洋人名事典の解説

フリッツ タヴロヴ
Frits Thaulow


1847.10.20 - 1906.11.5
ノルウェーの画家。
クリスチャニア生まれ。
コペンハーゲンカールスルーエ、パリで学び、1880年に帰国。クローグらと自然主義運動の先頭に立ち、’83〜84年クリスチャニアの近郊モードゥムに野外アカデミーを設し、多彩な印象主義的技法で雨、雪、夜などの冬景色、川景色を描いた。晩年は外光派から脱した作品を手がけ、海外で過ごし、オランダのフォレンダムで死去した。代表作には「パリのラ・マドレーヌ」(’93年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android