クリスチャニア(英語表記)Kristiania

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリスチャニア
Kristiania

スキーの代表的な高速回転技術の一種。テレマークとともに北ヨーロッパの丘陵地帯で発達し,名称はノルウェーの首都オスロ旧名に由来。スキーを平行にしたまま最大傾斜線を通過して回転する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クリスチャニア

ノルウェーのクリスティアニア(現在のオスロ)で発達したスキーの回転技術。パラレル・クリスチャニアとシュテム・クリスチャニアがある。前者は両方のスキーをそろえたまま回転する技術,後者は片方のスキーの開き出しと引きつけを利用して回転する技術。
→関連項目テレマーク

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

クリスチャニア【Kristiania】

〔クリスチャニア(オスロの旧称)で発達したことから〕
スキーをそろえたまま急速度で回転する技術。シュブング。

クリスチャニア【Christiania】

オスロの旧称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android