コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリスチャニア クリスチャニアKristiania

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリスチャニア
Kristiania

スキーの代表的な高速回転技術の一種。テレマークとともに北ヨーロッパの丘陵地帯で発達し,名称はノルウェーの首都オスロ旧名に由来。スキーを平行にしたまま最大傾斜線を通過して回転する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

クリスチャニア(Christiania)

ノルウェーの首都オスロの1924年までの旧称

クリスチャニア(〈ドイツ〉Kristiania)

《オスロの旧称、クリスチャニアで始まったところから》スキーをそろえたまま急速度で方向変換または停止する技術。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

クリスチャニア

ノルウェーのクリスティアニア(現在のオスロ)で発達したスキーの回転技術。パラレル・クリスチャニアとシュテム・クリスチャニアがある。前者は両方のスキーをそろえたまま回転する技術,後者は片方のスキーの開き出しと引きつけを利用して回転する技術。
→関連項目テレマーク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

クリスチャニア【Kristiania】

〔クリスチャニア(オスロの旧称)で発達したことから〕
スキーをそろえたまま急速度で回転する技術。シュブング。

クリスチャニア【Christiania】

オスロの旧称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

クリスチャニアの関連キーワードヴィルヘルム・フリーマン・コーレン ビェルクネスクリスチャニア・スキークラブハンス・フレドリク グーデルドウィグ・M. シローホルメンコーレン大会フリッツ タヴロヴアスビョルンセンクリスチャニア岩ペール・ギュント長谷川 伝次郎ウェルハーベンウェルゲランラパキヴィ岩オンサーガービヤークネスウェーデルングリセードノルハイムハイベルグブローテン

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android