コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリッツ プレーグル(英語表記)Fritz Pregl

20世紀西洋人名事典の解説

フリッツ プレーグル
Fritz Pregl


1869.9.3 - 1930.12.13
オーストリアの化学者。
元・グラーツ大学教授。
ライバハ(ユーゴスラビア)生まれ。
大卒後、1904年ドイツに留学しF.W.オスワルド等のもとで研究。’10年インスブルック大学教授を経て、’13年グラーツ大学教授に就任、終生同大医化学研究所で研究に従事。胆汁酸の研究中、微量試料の分析の必要から、微量天秤を工夫して有機化合物の微量炭化水素分析法をはじめ、’13年元素微量分析法の全般にわたり新系統を完成。有機化学、生化学の発展への多大な寄与により、’23年ノーベル化学賞を受賞。著書「Die quantitative organische Mikroanalyse」(’16年)。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

フリッツ プレーグル

生年月日:1869年9月3日
オーストリアの化学者
1930年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる