コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微量天秤 ビリョウテンビン

デジタル大辞泉の解説

びりょう‐てんびん〔ビリヤウ‐〕【微量天×秤】

微量分析に用いる天秤。0.001ミリグラムの差まで量れる感度のもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びりょうてんびん【微量天秤】

微量物質を秤量するために小型で精巧に作られた化学天秤。普通、最大秤量20グラム。感量0.001ミリグラム 程度。ミクロバランス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

微量天秤
びりょうてんびん
microbalance

元素分析あるいは一般の微量分析における微量物質の秤量(ひょうりょう)に用いる天秤。ミクロ天秤ともいう。普通、秤量10~20グラム、感量(指針を一目盛り移動させるに要する質量差)0.01ミリグラムで、0.001ミリグラムの差に感じうる性能をもつ天秤をいう。一般に使用されるクールマン型微量天秤は、構造や使用法は普通の化学天秤と大差はないが、小形できわめて敏感であるから使用の際には細心の注意を要する。
 このほか秤量5~20グラム、読取り限度0.001~0.005ミリグラムの直示微量天秤があり、最近では電子微量天秤とよばれる、最高0.1マイクログラムまでの微量測定が可能なものもある。[成澤芳男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

微量天秤の関連キーワードフリッツ プレーグルミクロバランスプレーグル化学天秤

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android