コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルオロウラシル

百科事典マイペディアの解説

フルオロウラシル

化学式はC4II3FN2O2,核酸塩基ウラシルの5位の水素をフッ素原子で置換した誘導体で,代表的な抗癌剤の一つ。融点約280℃。水に微溶,エタノールに難溶。
→関連項目ソリブジン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

フルオロウラシルの関連キーワードがんの免疫療法プロドラッグ代謝拮抗物質放射線角化症免疫抑制剤ハロゲン化日光角化症FEC療法手足症候群代謝拮抗薬胃がん薬事法制癌剤皮膚癌

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android