コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルオロウラシル

百科事典マイペディアの解説

フルオロウラシル

化学式はC4II3FN2O2,核酸塩基ウラシルの5位の水素をフッ素原子で置換した誘導体で,代表的な抗癌剤の一つ。融点約280℃。水に微溶,エタノールに難溶。腫瘍細胞内でDNA合成を妨げて増殖を阻止,またRNAに取り込まれて異常タンパク質を合成させ,細胞を死亡させる。乳癌や消化器癌などに用いられる。
→関連項目ソリブジン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android