フルオロウラシル

百科事典マイペディアの解説

フルオロウラシル

化学式はC4II3FN2O2,核酸塩基ウラシルの5位の水素をフッ素原子で置換した誘導体で,代表的な抗癌剤の一つ。融点約280℃。水に微溶,エタノールに難溶。腫瘍細胞内でDNA合成を妨げて増殖を阻止,またRNAに取り込まれて異常タンパク質を合成させ,細胞を死亡させる。乳癌や消化器癌などに用いられる。
→関連項目ソリブジン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android